readyfor

クラウドファンディング
目標達成いたしました!


多くのご支援ありがとうございました。
詳細はコチラ

日本の文化が途絶えてしまう

大量生産の規格的工業製品が主流になり、手仕事で生み出される「ホンモノ」の木や畳、襖など元来、日常的に使っていた素材が特別なものになりつつある。 そして、作り手である職人が年を追うごとに減少している。使い手は、作り手の顔が見えることでより愛着を持って使い続ける価値のあるものを選ぶ。 作り手は、使い手を知ることでより良質なものづくりを目指し、技術継承の糧にもなる。 これまで「普通」に使われてきた優れた技術や素晴らしい素材と、それを使い続けてきた日本の文化が、特別なものになったり、 途絶えてしまうのが惜しすぎて、今ならまだ間に合うと信じてスタートさせました。

「ホンモノ」志向の技術を発信

器プロジェクトは、日本の文化や伝統工芸、イノベーションに強い関心を持つ、職人、クリエーター、イノベーターなど様々な分野の プロフェッショナルが集う多国籍のオープンネットワークです。 私たちのゴールは、減少している和建築職人の「ホンモノ」志向の技術を発信することでマーケットを持続させることです。 そのために、業界や業種を超えたメンバーによって、再生修復や再利用可能であるサスティナブルな和室を現代や未来にも活かせるよう 再構築し、切り口を変えて発信していきます。一人でも多くの方に新しい和室空間で過ごして頂き、手仕事技術に興味をもっていただきたいなと願います。

大阪の小さなコミュニティーから、世界へ

2015年より大阪で和室空間「器」を開発発表しました。関西を中心に様々なイベントやワークショップを開催。 2018年からは海外のマーケットも視野に入れ、モダンな建築デザインが特徴であり、かつ木工職人の技術が高度なドイツにも拠点を置きました。 2020年には現地職人を中心として和室空間「器(UTSUWA)」の試作を開発発表しました。 2021年に日独メンバーによる実行委員会を立ち上げ、 同年12月にプロジェクト初となる国際フォーラムを開催。 日本とドイツ双方の職人やデザイナーが意見交換しました。

utsuwa forum official report

大阪万博

日本の和建築職人の技術とドイツのデザインや木工技術を掛け合わせた新しい和室空間「器(UTSUWA)」の開発に取り組み、
現地で展示や体験型イベントの開催を予定しています。関係者向けと一般参加者様向けを区分けして開催予定です。

スケジュール

  • 7月 開発資金調達(クラウドファンディング開催)
  • 8月 第1回、日独「器(UTSUWA)」開発ミーティング(オンライン)
  • 9月 第2回、日独「器(UTSUWA)」開発ミーティング(オンライン)
  • 10月上旬 第3回、日独「器(UTSUWA)」開発ミーティング(オンライン)
  • 10月下旬 イベント開催(UTSUWA)

・和建築に興味のある職人、デザイナー関係者
・和建築に興味のある店舗経営関係者
・和建築に興味のあるホテル経営関係者
・和建築に興味のあるメディア関係者

expo

メルマガ登録

(一財)大阪地域振興調査会
〒540-0021  大阪市中央区大手通1-2-10


器プロジェクト 大阪事務局(安堂寺事務所)
〒542-0061 大阪府大阪市中央区安堂寺町1-6-16
建築設計室Morizo-内
Email:hallo@utsuwa-project.com



instagram   facebook   in